初めての「おまとめローン」

おまとめローンと総量規制の関係 - 初めての「おまとめローン」

初めての「おまとめローン」 > おまとめローンと総量規制の関係

おまとめローンと総量規制の関係

個々の返済額は決して大きくないものの何件かの支払いが重なる事で毎月の支払い総額が膨れてしまっている、そんな悩みを抱えている方も少なくないと思います。
出来ることならば借金を一本化し、毎月の支払額を抑えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
そんな方々を中心に、ここ数年注目されているのがおまとめローンです。
複数社借り入れている状態を一本化し月々の支払額を少なくする方法として注目されているおまとめローンですが、中には総量規制が気になり申込みを考えている方も居るのではないでしょうか。
ここではおまとめローンと総量規制の関係について、触れてみたいと思います。

総量規制とは消費者金融などから多額の借入で支払いが困難になる状況を防ぐ為、基本的に年収の3分の1を超える額の貸付を行わないと言う規則です。
この総量規制を導入した事により返済能力を超えた貸付が減り、借金に苦しむ方が減少したと言われています。
おまとめローンの利用を検討されている方の多くは既に何社から借入がある為、更に借入となると年収の3分の1を超えてしまうのではないかと言う心配があるのではないかと思います。
しかし、実は総量規制にはいくつかの例外がある事をご存知でしょうか。

総量規制にはいくつか当てはまらない例外があり、借りる側が有利になると言われている「借り換え」に当たるおまとめローンは総量規制の対象外にあたります。
その為、今借入している額に上乗せされて規制に引っかかると言う心配がないのです。

またおまとめローンの多くは金利が低く、実際に今借入しているローンより抑えられる場合があります。
上限額が大きくなる為審査が厳しいと言われていますが、月額の支払額が抑えられるだけでなく場合によっては支払い総額も結果的に抑えられる事も考えられるのです。
このまま悩み続けるよりもまずは一度仮審査などで確認してみて、月々の支払額を抑える方法を検討されてみてはいかがでしょうか。

top