初めての「おまとめローン」

おまとめローンと借り換えの違いは? - 初めての「おまとめローン」

初めての「おまとめローン」 > おまとめローンと借り換えの違い

おまとめローンと借り換えの違いは?

現在借入している複数社を一本化して月々の支払額を少しでも減らしたい、そんな風に考えている方もいらっしゃるのではないかと思います。
特にこの数年は低金利のおまとめローンや借り換えローンなどがあり、実際に今借入しているローンよりも金利が抑えられる場合があるとして注目されています。
一見同じように聞こえるおまとめローンと借り換えですが、どの様な違いがあるのでしょうか。

おまとめローンと借り換えは同じと思っている方も多いようですが、実際には別々のローンになります。
分かりやすく説明すると、おまとめローンとは現在複数社から借入しているものを一本化する為に受ける融資になります。
また借り換えはおまとめローンとは少し異なり、金利の高い1業者から金利の低い1業者へ変更する手続きの事を言います。
おまとめローンは数多くあるものを1つにまとめる、借り換えは高いものから低いものへ切り替えると言う違いがあるのです。

借り換えの場合は1社から1社への変更手続きになるのですがおまとめローンの場合は今ある借入金額をまとめる為、必然的に申し込む金額が大きくなってしまうのも特徴的です。
またそれぞれ共通して言えるのですが、借入に必要な申込み審査は返済能力があるかなど通常よりも厳しいと言われています。
しかし双方は年収の3分の1以上を超えたら借入に規制が掛かってしまう総量規制の対象に当たらない為、まずはシュミレーションなどを利用して借入が可能か調べてみる事をお勧めします。

借り換えを行う場合は基本的に今借入しているローンより低い金利のものを選択するだけですが、おまとめローンになると自分でさまざまなシュミレーションをして検討する事がポイントになってきます。
金利などを初め少しでも自分に有利な条件で申し込めるおまとめローンを選択する事が、大きなカギになってくるのではないでしょうか。
おまとめローンのシュミレーションなどを上手く活用し、少しでも条件の良いところを選択して欲しいなと思います。

top